ビジネス用ソフトをネット通販でチェック

ビジネス用ソフトの売れ筋をランキングビジネス用ソフトイチオシ情報
TOP 表計算  Microsoft ・・・・・・

Microsoft Office Excel 2013 [オンラインコード] [ダウンロード]


通常1〜2営業日以内に発送13年02月20日現在
Microsoft Office Excel 2013 [オンラインコード] [ダウンロード]
マイクロソフト
参考価格:14800円
価格:13700円
1100円OFF
新品:13700円より
掲載アイテムの詳細は:こちらから
表計算
ランキングを見る

Office Excel 2013

アイデアや情報をノートにまとめ、いつでもどこでも活用しよう
売上結果の分析も、住所録をまとめることも、ゴルフのスコアを管理することも、今までよりもはるかに簡単。
新しい Excel は、あなたのやりたいことを理解して、あなたの代わりに操作してくれます。

たとえば家計簿を作成するとき、あなたが入力したパターンを認識して、次に入力したいデータを自動的に作成してくれます。
集計したデータは、ピボットテーブルですっきりとまとめてみましょう。

こんなとき、最適な見せ方をおすすめしてくれるガイド機能がべんりです。
見たい項目の集計結果だけを表示できるピボットテーブルを、Excel が作成して一覧表示してくれるので、あなたはおすすめの中から選べば作業完了。
グラフや図表の作成も、同じ手順で簡単に終わります。


また、タブレットやスマートフォンなど、あらゆるデバイスで使える Excel は、マウスやキーボードだけでなく、タッチでも操作しやすいようにデザインを一新しました。
作成したファイルはクラウドに保存されるので、データを共有したり、友人と一緒に作業することも簡単です。


計算された Excel の使いやすさを、あなたにぜひ体感してください。




次期Officeの特長

基本機能・操作性の向上「クイックスタート」
Windows 8 デスクトップ
(拡大して見る)
スタート画面で魅力的なテンプレート、豊富なテーマが表示され、これを利用することでドキュメントの作成作業をスムーズに開始できます。



クラウド連携でビジネスシーンがより快適に
新しいOfficeでは、ファイルのデフォルトの保存場所がクラウド (マイクロソフトのストレージサービス「SkyDrive」) になります。

クラウドに保存することで、資料をどっさり詰め込んで持ち歩いていたカバンもすっきり。
それだけではありません。
次のように、これまで不可能だった多くのことが可能になります。


マルチデバイス対応でビジネスがより快適に「タッチモード」
Windows 8 デスクトップ
(拡大して見る)
メニューやカラーパレット、ミニツールバーなども、タッチで操作するにはやや難しい大きさです。
これらはユーザーが何らかのアクションを起こしたときに表示されるため、そのアクションがタッチ操作か、マウス操作かを判別し、タッチモードのオン/オフを自動で切り替えることができるようになりました。




Excel新機能のご紹介

大量のデータを瞬時に入力できる 「フラッシュフィル」
Windows 8 デスクトップ
(拡大して見る)
名簿などで、氏名が姓と名に分けて入力されているデータを、後から 1 つのセルにまとめる場合に、フラッシュフィルを利用すると、データの先頭と 2 行目のセルに入力するだけで自動的に残りのデータを入力することができます。

フラッシュフィルは、入力したデータの規則性を認識し、必要とするデータを瞬時に入力する機能です。


ピボットテーブルの作成が簡単にできる 「おすすめピボットテーブル」
Windows 8 デスクトップ
(拡大して見る)
データベースをいろいろな断面で分析するには、ピボットテーブルを利用すると効果的です。

さらに、おすすめピボットテーブルを利用することで、いくつかの完成イメージの中から選択するだけで時間をかけずにピボットテーブルを作成することができます。


見栄えの良いグラフが簡単にできる 「おすすめグラフ」
Windows 8 デスクトップ
(拡大して見る)
おすすめグラフは、選択しているデータに合った数種類のおすすめのグラフを自動的に表示し、簡単にグラフを作成することができます。

例えば、単位の異なるデータをグラフ化する場合は、縦棒グラフと折れ線グラフを組み合わせるなどの複合グラフを作成します。

その場合、グラフの種類変更や第2数値軸の設定などが必要となり、作業に時間がかかります。
おすすめグラフを利用すれば、選択しているデータにあった最適なグラフを迷うことなく瞬時に作成することができます。

ここでは、おすすめグラフを利用して、複合グラフを作成します。


見やすい形式でデータの分析ができる 「クイック分析」
Windows 8 デスクトップ
(拡大して見る)
データを選択すると右下に表示されるボタンを利用して、条件付き書式・グラフ・集計・テーブル・スパークラインの機能を簡単に設定することができます。

また、アイコンをポイントするとリアルタイムプレビューで、結果のイメージを確認しながら設定することができます。
ここでは、条件付き書式を設定します。




Excelが含まれるOffice 統合製品

Microsoft Office製品概要PersonalHome and BusinessProfessionalProfessional アカデミック
Word 2013文書作成
Excel 2013表計算
Outlook 2013メール・スケジュール管理
PowerPoint 2013プレゼンテーション
Onenote 2013デジタルノート
Access 2013データベース
Publisher 2013カタログ/チラシ作成


Office システム要件

OS(オペレーティング システム)Windows 7 または Windows 8、32 ビット版または 64 ビット版 OS のみ
CPUSSE2 対応の 1GHz プロセッサ
メモリ1GB RAM(32ビット版)/ 2GB RAM(64ビット版)
ハードディスク3GB の空きディスク領域
画面解像度1024 × 576 以上(1366 × 768 推奨)
その他・ Microsoft アカウント
・ インターネット アクセス(インターネット サービス プロバイダーとの契約や接続に関する料金及び通信費用はお客様の負担になります)
・ 一部の機能には追加ハードウェアまたは特定のハードウェア、あるいはサービスが必要な場合があります


マイクロソフト製品購入前のご質問はこちら
<お電話でのお問い合わせ>マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
TEL:0120-41-6755 ※携帯/PHSからもご利用いただけます。

受付時間:9:30-12:00、13:00-19:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

<Webで確認する>(http://www.microsoft.com/japan/customer/info/)
このアイテムのレビューです
Office2000以降のOfficeソフトを使ったことがなかったので、久々に、といっても最近は
ほとんどエクセルしか使っていないので、単品購入してみることにしてみました
(というか、Office2000のパッケージ版は持っているのですが、優待パッケージは
Office2003以降しか対応してなくてねぇ、・・・残念)。

パッケージを開けると、鍵マークが書かれた緑色のカードが1枚、他には薄っぺらい(役立たずの)
説明書が一部といった構成で、それだけでもそこはかとなくガッカリ感が漂う。
インストールディスクは無く、ネットからダウンロードするためにカードの裏面のプロダクトキーを
入力するんだよ、という事なんですね。
セキュリティが厳しい時代になったんだから仕方ないとあきらめつつインストール手順を進めましたが、
「Microsoftアカウント」なるものを作りなさいと指示され、名前やら生年月日やら
携帯の番号か携帯のメルアドまで聞かれます。
うーん、そうまでしなきゃエクセルも使わせてもらえなくなったんですねぇ
(というか、MSが運営しているオンラインストレージ「SkyDrive」が、Office2013の保存先に
できるようになっているという意味でもアカウントは必要らしいのですが、正直、私は必要なかった)。
プロダクトキーの入力、アカウントの作成を終え、ようやくダウンロードを始めましたが、
なぜか不正終了し、インストールは失敗。
コントロールパネルの「プログラムと機能」から修正してくださいと指示があったので、
オンライン修正を選んでみましたが、待てど暮らせど2/4(2月4日ではない)から進行しません。

やっちまったか!、と額に汗をにじませながら頼みの綱の説明書を開きます。
「インストールについての詳細はwww.office.com/jpfppsetup/を見よ!」とあったので
さっそくURLを入力しましたが、これがなんとエラーでサイトが表示されない!。...続きを読む
口コミ度
5つ星のうち 3.0(1 件のカスタマーレビュー)

Copyright(C)2012 ビジネス用ソフトをネット通販でチェック All Rights Reserved.

豪ドル